「ARTS CHALLENGE 2022」において、「I Got Up 生きなおす空間」をテーマに作品プランを公募した結果、全国から170組の応募があり、審査会において次の8組を入選者として決定しました。

アーティスト名は50音順、敬称略。( )は所属団体名。

入選者略歴/作品プラン

※画像は作品イメージ

 

江藤佑一

Eto Yuichi

《MAEGARI “Handmade Mask”》

手作りマスクの制作過程をモチーフにしたMAEGARIの実践。(到達するであろう未来の一部を抱えながら、その未来の全体へと向かう方法)
 
1989年 東京都生まれ
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了
2019年 「群馬青年ビエンナーレ2019」(奨励賞) 群馬県立近代美術館(群馬)
2020年 個展「前借りアセンブリ」 Art Center Ongoing(東京)、「リフレクション : 恣意的な目」 Oped Space Tokyo(東京)

 

小栢 可愛

Ogaya Kaai

《I GOT UP. AN ORDINARY DAY.》

不要不急ではない命をみな生きている。何処にも行けず、誰とも会えなくても、世界の一部であり続けたい。無かったことにしないために、されないために。時を刻み直す記憶の回廊を歩き追想する。必死に生きた証を。
 
1987年 京都府生まれ
2012年 大阪成蹊大学芸術学部美術学科現代美術コース卒業
上記在学中 Norwich University College of the Arts Visual Studies(英国)に交換留学
2017年 ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校二期上級 修了

 

黒木 結

Kuroki Yui

《Wake-up Call》

他者との物理的な距離の確保が徹底されている一方、SNSで個人の生活を知りすぎてしまうような現状がある。本作ではちょうどよいやりとりや距離感を求めて、他愛のない会話を日常に取り戻すことを実践する。
 
1991年 大阪府生まれ
2019年 「ALLNIGHT HAPS 2019後期 ”Kangaru“ 」(企画・出展)HAPS(京都)
2020年 「VOICE GALLERY共同企画 “思い立ったが吉日”」(オンライン開催)VOICE GALLERY(京都 )
2021年 「川原茜×黒木結 “Electric Taste Enhancer” 食事会」BnA Alter Museum(京都)、「もうひとつの京都『南譚:介在する因子』」(京都)

 

佐野 魁

Sano Kai

《沈黙の部屋》

安息の場所である「部屋」という私たちの生活の中で安全性が確保されたものに強い揺さぶりを与えることで、今この場所が当たり前に存在するとは限らない「拠り所の存在」について鑑賞者に問いかける。
 
1994年 静岡県生まれ
2017年 「Crossing Factors」EFAG(東京)
2019年 「トーキョー・ストリート・ビュー」RED AND BLUE GALLERY(東京)
2020年 「TOKYO MIDTOWN AWARD 2020」東京ミッドタウン(東京)
2021年 「Street Museum 2021」東京ミッドタウン(東京)

 

私道かぴ(安住の地)

Shido Kapi (Anjū no Chi)

《父親になったのはいつ?/When did you become a father?》

「あなたが父親になった実感を持ったのはいつですか?」という質問を、子どものいる父親30名に実施。その答えを作家が台詞に起こし、子どものいない俳優がカメラの前で演じます。父親とは何か?を問う映像作品です。
 
1992年 兵庫県生まれ
2017年 安住の地 所属
2019年 ロームシアター京都×京都芸術センターU35 創造支援プログラム KIPPU 「ポスト・トゥルースクレッシェン ド・ポリコレパッショナートフィナーレ!」(共同脚 本・演出)(京都)
2020年 安住の地 film vol.1「筆談喫茶」(監督・脚本)
2021年 「いきてるみ」(脚本・演出)THEATRE E9 KYOTO(京都)

 

篠藤 碧空

Shinoto Sora

《I’m an artist, I’m working here》

アートは天才の特別な仕事でも人々の心を安らげる奉仕的な活動でもありません。
アートは明確な論理と過去の参照から生まれ、金銭が流通する独自の経済も存在します。その様は普遍的な労働活動と何も変わりません。
 
1999年 広島県生まれ
2021年 広島市立大学芸術学研究科造形芸術専攻現代表現研究室在学、「広島市文化芸術振興臨時支援事業~文化芸術の灯を消さないプロジェクト~」採択、「第 3 回公募アートハウスおやべ現代造形展 立体部門」入選(富山)

 

宮内 由梨

Miauchi Yuri

《A Red Life》

ロンドン、2017年秋。体を掻くことしかできずに零れ落ちていく日々の時間を、掻くことで生まれる時間と明日へ変えようとした。ポストカードに縫い付けた綿布の層をその日、体を掻く強さで掻く。今も、明日も。
 
1988年 長野県生まれ
2018年 「新潟市 水と土の芸術祭 2018」清五郎潟・旧二葉中学校(新潟)
2020年 「ショーケースギャラリー 宮内由梨展」横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜)、「Crack in the middle of nowhere」Eonju Round(ソウル(韓国))
2021年 「黄金町バザール2021 – サイドバイサイドの作り方」 松井ビル 1F(横浜)

 

三枝 愛

Mieda Ai

《庭のほつれ》

ある日突然追い出された畑に、月に一度だけ立ち入ることを自分に許し、カメラとこっそり歩いた記録。
2014年にわずか4ヶ月で中断されたこの試みと、2度目の「畑からの追放」について、残された写真を通してみつめる。
 
1991年 埼玉県生まれ
2021年 「ab-sence/ac-ceptance 不在の観測」岐阜県美術館(岐阜)、「A Step Away From Them 一歩離れて」 ギャラリー無量(富山)、個展「尺寸の地」Bambinart Gallery(東京)、「沈黙のカテゴリー | Silent Category」クリエイティブセンター大阪(大阪)